2017年2月19日日曜日

ガス自由化:ガス料金比較 東邦ガス vs 中部電力

 都市ガスの自由化が2017年4月から始まるということで、東邦ガス、中部電力から案内がありました。
東邦ガスと中部電力、どちらを選んだほうがお得なのか?という点がいまいちわからなかったため、調べてみました。

 うちの場合は、すでに東邦ガスの「あったかとくとく料金 標準プラン(2種)」に入っているため、ここではあったかとくとく料金の2種と、その対抗プランとなる中部電力の「カテエネガスプラン2」で比較しています。
※比較は、2017年2月19日時点です。


 詳細は上記のリンクなどからご確認いただくとして、それぞれのプランについて、ガスの使用量ごとに必要な金額をまとめると、下記のようになります。
暖房期は12月~4月の間。通常期はそれ以外(5月~11月)となります。


それぞれグラフにまとめると下記のようになります。




というわけで、あくまでも料金単価表の金額に従った場合、「中部電力のほうがお得」という結論になります。


 一方で、すでにお気づきの方もいると思いますが、この料金表「上記の従量料金単価は、あくまで原料費調整額を加味しない基準単位料金です。」 といった条件がついたものになります。

 ではこの調整済みの金額がいくらかというと、東邦ガスのページでは、ガス料金のプレスリリースを通じて検針月の料金として案内されています。
料金表からすると、この金額は「標準プラン(2種)」 の金額のようであり、紙面で案内されている料金と、調整後の価格として案内されている料金では下記のようになりました。

つまり、原材料の調整済み価格で計算すると、東邦ガスにて案内されている料金プラン、中部電力から案内されている料金プランよりもぶっちぎりで調整済み価格が安くなります。
つまり、紙面上の金額では中部電力が安く見えるものの、「中部電力の実際のガス提供領域(調整済み価格) がわからないと、実際の月々の使用量が安くなるかどうかはわからない」ということになります。

 中部電力から、原料費調整について案内されている情報を確認すると、こちらのページのように原料費調整が行われるということは確認することができますが、実際に調整後の金額がいくら程度になりそうなのか?という情報は得ることができませんでした。


ということで、ひとまずの結論ですが、

・案内されている金額ベースで比較すると、中部電力さんのガスプランのほうがお得。
 ただし、実際の使用量は調整済み料金ベースの計算となるため、中部電力さんの調整済み料金見込み情報などがないと、本当にお得になるのかはわからない。

と、個人的には結論付けました。

 中部電力様にはTwitter経由で質問させていただきましたが、まずはご回答待ちたいと考えます。
調整済み料金の見込額情報がいただけないようであれば、料金の目安が明確にわかる東邦ガスさんとの契約を継続。ということになるかと考えます。

皆様、「契約してみたものの、思ったよりも月々の使用量が安くならなかった!」ということがくれぐれも無いようお気をつけください。また、中部電力さんから調整後料金について、「ここでアナウンスされている」「私はこのように回答いただいた」など情報あれば、ご共有ください。


It always has a risk to changing. To be continued.
Spike.

2016年11月23日水曜日

日本の紅葉@香嵐渓

休みを利用して愛知県香嵐渓に行ってきました。
香嵐渓は、愛知県豊田市足助町にあります。豊田市役所足助支所を目的地にすると車では行きやすいかと思います。
自分は、10時ころには現地についていたのですが、2kmほどの渋滞が発生していました。2kmほどの渋滞ですが、抜けるのには約20分ほど。渋滞の先頭のほうで駐車場を探しながらうろうろしているようなので、普通の信号渋滞なんかに比べるとかなり進みが遅いです。。。

駐車場も香嵐渓に近いところはほぼ満車でした。今回は民家の800円の駐車場に停車。あとから感じた感想としては、一の谷の駐車場が結構すいているようで、次回行くときにはここにとめようかと思いました。

路面店としては、もみじ堂をはじめ、五平餅、牛串、串かつ、みたらし団子などがあり、定番ですが牛串がおいしかったです。
屋台は、たこ焼き、わたあめ、りんごあめ、広島焼き、たません、焼きそば、いかやき、おでん(味噌ダレこんにゃく) 、チョコバナナ、焼きもろこし、たい焼き、肉巻きおにぎりなどなど出ており、うちの子はりんごあめを喜んで食べてました。

以下、香嵐渓の写真となります。(2016/11/23 勤労感謝の日)
写真には、Google Mapにて、写真を撮ったおおよその場所も残しておきますので、ご参考になれば幸いです。


待月橋とその袂のもみじ (場所)

 巴川沿いの道にて。もみじと少年 (場所)

待月橋の袂より香嵐渓を臨む (場所)

待月橋袂より、色づいたもみじを臨む (場所)

香積寺の階段よりもみじを臨む (場所)

香積寺境内より (場所)

 香嵐橋の袂より(通行止めのようでした) (場所)


帰りは、2時頃駐車場を出たのですが、飯田街道に入るまで(香嵐渓付近でのメインストリート?)は渋滞。飯田街道に出るまでに結構時間を使うので、時間に余裕を持って岐路につくことをお勧めします。


近くには鮎やなもあるようなので、来年の夏にも訪問してみたいと感じました。
名古屋から気軽に行けるお勧め観光スポットです。
紅葉狩りとしては、先週末あたりがよかったみたいですね。19, 20の雨でだいぶもみじが落ちてしまったみたいですね。


See you space cowboy!
Spike

2016年10月19日水曜日

SSD from WD(Blue, Green)

WDがSanDisk買収と言った話が出ていましたが、ついにWDブランドのSSDをリリースしました。

http://gigazine.net/news/20161013-wd-blue-green-ssd/

発表されている数字をまとめると次の通り
(価格は2016/10/19現在)

ブランド 容量 価格(2.5インチ) 価格(M.2) 消費電力 TBW Read (MB/s) Write (MB/s)
WD Blue 250GB US$86.99 (約9,100円) US$91.99 (約9,600円) 50mW 100 540MB/s 500MB/s
500GB US$149.99 (約15,600円) US$155.99 (約16,000円) 50mW 200 545MB/s 525MB/s
1TB US$299.99 (約31,000円) US$310.99 (約32,500円) 50mW 400 545MB/s 525MB/s
WD Green 120GB US$59.00 (約6,200円) US$69.00 (約7,200円) 50mW 40 540MB/s 430MB/s
240GB US$89.00 (約9,300円) US$99.00 (約10,400円) 50mW 80 540MB/s 465MB/s


・インターフェースは共通してSATA 6Gb/s
・2.5インチフォームファクタと、M.2はほとんど値差がない状態(US$5〜10程度)
・消費電力はどのモデルも50mW
・GreenはWrite速度が若干遅いものの、Readに関してはどのモデルも同程度(約540MB/s)
・SSDの寿命指標となるTBWに関しては、Greenモデルでは100TB以下と若干少なめ
・同BlueのTBWは100TB〜400TB。500GBは標準的。

価格を意識してTBWがちょっと少なめかな?という気がしますが、WDの今後のSSDラインナップ追加に期待です!

2016年9月25日日曜日

macOS Sierra : VMWare 6.0.2が起動しない。。。

とある事情により、リリースされたばかりのmacOS Sierraにアップデートする必要があったため手元のMBAをアップデートしました。が、、、なんとVMWare Fusionが起動しないことが判明。。。VMを起動しようとすると、下記エラーが発生しました。




これが一体全体、6.0.xあたりの問題なのか、もっと後のバージョンでも同じような現象なのかはわかりませんが、ひとまず最新版のVMWare Fusion 8.5では正式にSierra対応をうたっているようなのでアップデートすることに。
VMWare Fusion 8.5をMyVMWareサイトからまずはダウンロード


今すぐダウンロードのボタンを押すことで、dmgファイルがダウンロードされる。

dmgファイルを開くと、VMWare Fusionファイルが出てくるので、これを実行
実行することで自動的にインストールされます

インストール後にVMを起動しようとすると、VMイメージのアップグレードの実施が必要な旨表示されるので、アップグレードを実施。
アップグレードを実施することで無事に起動することができました。

※アップグレードを実施しないと、ネットワークI/Fなんかが正常に動作しないようです。
 VMWare Fusionのアップデート前にVMをレジュームさせたままだったのですが、レジューム解除した状態(VMイメージのアップグレード実施前)では、インターネットに繋がりませんでした。。。


とまぁ、無事にアップデートはできたのですが、8.5にアップデートすることでライセンスの更新が必要。。。


Unix/Linuxを使う身としては、vmmonの「場所」だけの問題であれば、mknodあたりで回避できるんじゃないのかなぁ。。。と思いつつ、確認する時間はなさそうなので、素直にアップグレードすることにしました。。。

古いVMware Fusionを使っているけれども、macOS Sierraを使用されたい方はご注意ということで。


追記:VMWare Fusionのアップデート前に、現在のFusionのライセンスを確認しておくことをお勧めします。[VMWare Fusion] - [ライセンス]から確認できます。



2016年5月27日金曜日

TeraStation TS5000 : How to configure BootAuthentication

Buffalo released new FW Ver. 3.20 for TeraStation TS5000 Series.
Which supports new feature called "Boot Authentication". it's nice idea for data protection.
So I tried to configure that on my environment. Below is the configuration video, please refer this video for setup procedure.




Here is the explanation what it is.
* Originally TeraStation had the function called "disk encryption". Which encrypt the disk, but if someone steal the whole unit, he can see the data on the disk.
  So user need to use that function with the combination of hardware solution such as Kensington Lock to prevent to be stolen by 3rd person.
* Even in this case, if 3rd person steal the only HDD, data is encrypted on it. So that 3rd person can't get any data from that HDD.

* On new feature, Boot Authentication, it require authentication server within the local network(my understanding is bi-directionally reachable. so if you configure the port forward, I think it's possible.)
* Seems TeraStation try to communicate with Boot Authentication server. And then if he could talk with him, TeraStation expose the data on it. If TeraStation couldn't talk with him, TeraStation doesn't expose any data on it.
* This means, if someone steal the TeraStation, and boot it on his network, at that case TeraStation can't talk with BootAuthentication server, so he doesn't expose any data on it.  By this way, user can prevent the steal of data.
* Even TeraStation is not in the proper network, sometimes user want to access to data on it. for this case, it supports "manual decryption". User calls to administrator of BootAuthentication server, then he can get some token to decrypt the data temporary. Then he can access to data.

Anyway, this is nice solution to protect my data. I've already enabled this feature.

Only 1 difficult point is it require to delete all the data I want to enable the encryption. So I needed to backup them, and back to original place. But it's acceptable.

Especially, I recommend to users which start to use TeraStation newly, enable this feature before you put a large amount of data on it.


Have a nice day!
Spike.



2016年4月29日金曜日

WD : Gold line up for data center

WD announced their Helium sealed HDD as gold line up.

http://www.storagenewsletter.com/rubriques/hard-disk-drives/datacenter-gold-hdds-from-western-digital/

I'm interested in how differentiate to black. Currently known as performance model, mainly used for near line purpose.

4U 60bay storage server by Chenbro

Woohoo, so many amount of drives.

http://www.storagenewsletter.com/rubriques/systems-raid-nas-san/chenbro-4u-high-density-storage-server-chassis/

Just my curiosity, but those HDD are coolen properly? Due to its density, thermal exhaust doesn't match to thermal generation...

排熱大丈夫なんですかね?これ。。。