2015年9月19日土曜日

USでの電話番号の覚え方(理解の仕方)

たまに、車で走ってると、
"Call Us Today: 1.888.CALIBER"
といったような記載に遭遇することがあるのだけれども、正直、どうやって電話するのかわかってませんでしたw
もしかしたら他にもわからない方がいるかと思いますので、念のため、記事として残しておきます。

僕の携帯電話はAndroidなのですが、キーパッドを開くと下記のような画面が出てくると思います。



ここで、CALIBERはどう数字に翻訳されるかというと、それぞれアルファベットの記述がある数字を追っていくと、
C->2
A->2
L->5
I->4
B->2
E->3
R->7
すなわち、最終的な電話番号としては、1-888-225-4237となる。

これ、意外と覚えやすくてわかりやすい!!

他には例えば、FCCの電話番号なんかだと、
1-888-CALL-FCC -> 1-888-225-5322

PLUMBERだと、
1-800-PLUMBING -> 1-800-758-6246
(最後のGは無視っぽいですね)

と、あら簡単に番号が覚えられる。
日本の場合だと、例えば、
222-2222(にゃんにゃんにゃん にゃんにゃんにゃんにゃん)
2424188(にしによいぱぱ)
など、発音から見た語呂合わせが多いですが、あ行は1、か行は2、などとしてこの方式使うことができるんじゃないですかね?


さてさて、じゃぁ、自分の番号を簡単に覚えられる方法はないのかな?と考えてみると、実は自分の番号、1とか0が入ってるので、うまく語呂合わせできないw
まぁ、希望の頃になるように番号をもらうって方が、現実的ですよねw


Spike, Always need to see from different view.

0 件のコメント:

コメントを投稿