2017年9月3日日曜日

パスポート更新@愛知県

パスポートの残存期限が3か月を切ったので、更新に行ってきました。

基本的なところをまとめると、下記になります。
・パスポートの更新に必要な費用は、受取時に支払う
 →申請時は支払う必要なし

・古いパスポートは申請後に没収される
 →申請から新しいパスポート受領までの間はパスポートがない状態。海外出張、海外旅行の予定など組めません!

・新しいパスポートは、申請から6営業日経過後から受け取れる。

・申請→平日の時間内に申請する必要あり。また、代理申請可能
 受領→平日の時間内+日曜日にも受領可能。また、代理受領は不可能

・パスポートの申請用紙は、各区役所でももらえ、事前準備が可能(らしい)
 →いずれにしても平日にしか受け取れないので、あまり区役所で申請用紙をもらうメリットがないように感じますが・・・

・戸籍謄本は、パスポートの記載事項(おそらくですが、氏名、県単位での本籍地情報)に変更がなく、切り替え対象のパスポートが有効期限内であれば、不要
 →意外とわかりにくい。落とし穴。

・パスポートに必要な写真は、事前に用意する必要なし。旅券センターの隣にビックカメラの証明写真コーナーがありますので、そちらで撮影することができます。
 また、証明写真は、パスポートの申請受付の方が切り取り、貼り付けしますので、切り取りなどの作業も不要です。

・名古屋市の旅券窓口はタワーズ15Fにあり、非常に便利(2016年の6月ころにルーセントタワーから移動したようです。) 
 マリオットの隣、タワーズオフィスへのエレベータの裏手側になります。


自分は木曜日の午前中に申請に行ってきましたが、1時間も待たずすべての手続きが完了しました。
平日午前中に行きましたが、特定の時間は15Fに行くエレベータが2F<->15Fの間でしか稼働していないようですので注意が必要です。
夏休み前だと、夏休みの旅行のための申請組がいて、結構混んでいるみたいですね。


まとめると、更新の人であれば、
・有効期限内の更新対象のパスポート
これだけ持っていけば、更新手続きできます。

便利になりましたね。
その他詳細は愛知県旅券窓口のページをご参照ください。
愛知県旅券窓口

2017年7月15日土曜日

日本の夏@アユやな

7月の初めになってしまいますが、アユやなに行ってきましたので、ご紹介します。


・そもそも「アユやな」とは?
日本ではスーパーで販売されていることもあるので「アユ」自体ご存じない方は少ないと思いますが、念のため。

鮎:ウィキペディア
















アユは主に川の岩についた苔を食べていますので、生のアユの体からはそのコケ由来の甘い匂いがします。このにおいがたまらなくいい匂いです。


また、ほかの魚と異なり、アユを獲る方法もちょっと変わっています。

友釣り:ウィキペディア

友釣りと言って、アユ本来の闘争本能を利用した釣り方があります。アユには縄張り意識があり、そこにほかのアユが来ると追い出そうとします。
おとりアユといった形で泳がせ、川に生息しているアユの近くに寄せてやると、そのアユがおとりアユを追いかけてくる。この時、おとりアユにつけられた「仕掛け」の針に引っかかって、釣り上げられてしまう。といった釣り方です。

鵜飼い:ウィキペディア

こちらは鵜飼い漁といいます。鵜を川に潜らせてアユを獲るという一風変わった漁の方法。多分今では、漁というよりも、長良川鵜飼いのような見世物としての漁しかやってないんじゃないでしょうか?


閑話休題
今回は、小渡にある「おど観光やな」さんに行ってきました。
名古屋から車で約1時間程度の場所にあります。
おど観光やな組合さん




お邪魔させていただいたのは、7月8日でした。

この日は今シーズンのオープンの日ということ、まだまだ川の水が冷たそうと言うことで、いったんはやなでの鮎つかみはできない旨、ご案内いただきました。
仕方なしにご飯を食べていたら「川の温度が冷たくなさそうなので、もしよければアユつかみもできますよ」とご案内いただき、食後にアユつかみを実施することに!
捕まえたアユはその場で調理していただくなり出食べることになるのですが、アユは大好きなので、いくらでも食べられるので「お願いします」 と即答させていただきましたw

こちらが、アユやなのステージ。
竹で組んだ足場が用意してあり、そこを川の水が流れて行きます。
「川の流れに流されてやってきたアユが、この竹の足場に引っかかるのでそれを捕まえる。」 が基本コンセプトとなります。







食後ということもあり、今回は3匹のアユを捕まえる手はずでお願いさせていただきました。
やなのステージの上に立って待っていると、アユがやってきますw
それを子供と一緒に捕まえました。
子供は普段魚を生で触る機会はなく、最初はかなりビビッていたのですが、次第に慣れてきてうまく捕まえることができるようになりました。


こちらで捕まえたアユは、観光地的なショートカット手法が用いられるものの、塩焼きでいただくことができます。美味です。



おど観光やなさんでアユのつかみ取りをする場合は、3匹単位で、1500円/3匹となっていました。

そのまま焼いてもらって食べてもよし。
子供たちでやなに魚とりを楽しみに来るのもよし。
取った魚を近くのバーベキュー上に持ち込んでバーベキューするもよし。

名古屋市内から手軽にいけて、涼もとれ、子供も遊べ、お勧めの場所です。




2017年2月19日日曜日

ガス自由化:ガス料金比較 東邦ガス vs 中部電力

 都市ガスの自由化が2017年4月から始まるということで、東邦ガス、中部電力から案内がありました。
東邦ガスと中部電力、どちらを選んだほうがお得なのか?という点がいまいちわからなかったため、調べてみました。

 うちの場合は、すでに東邦ガスの「あったかとくとく料金 標準プラン(2種)」に入っているため、ここではあったかとくとく料金の2種と、その対抗プランとなる中部電力の「カテエネガスプラン2」で比較しています。
※比較は、2017年2月19日時点です。


 詳細は上記のリンクなどからご確認いただくとして、それぞれのプランについて、ガスの使用量ごとに必要な金額をまとめると、下記のようになります。
暖房期は12月~4月の間。通常期はそれ以外(5月~11月)となります。


それぞれグラフにまとめると下記のようになります。




というわけで、あくまでも料金単価表の金額に従った場合、「中部電力のほうがお得」という結論になります。


 一方で、すでにお気づきの方もいると思いますが、この料金表「上記の従量料金単価は、あくまで原料費調整額を加味しない基準単位料金です。」 といった条件がついたものになります。

 ではこの調整済みの金額がいくらかというと、東邦ガスのページでは、ガス料金のプレスリリースを通じて検針月の料金として案内されています。
料金表からすると、この金額は「標準プラン(2種)」 の金額のようであり、紙面で案内されている料金と、調整後の価格として案内されている料金では下記のようになりました。

つまり、原材料の調整済み価格で計算すると、東邦ガスにて案内されている料金プラン、中部電力から案内されている料金プランよりもぶっちぎりで調整済み価格が安くなります。
つまり、紙面上の金額では中部電力が安く見えるものの、「中部電力の実際のガス提供領域(調整済み価格) がわからないと、実際の月々の使用量が安くなるかどうかはわからない」ということになります。

 中部電力から、原料費調整について案内されている情報を確認すると、こちらのページのように原料費調整が行われるということは確認することができますが、実際に調整後の金額がいくら程度になりそうなのか?という情報は得ることができませんでした。


ということで、ひとまずの結論ですが、

・案内されている金額ベースで比較すると、中部電力さんのガスプランのほうがお得。
 ただし、実際の使用量は調整済み料金ベースの計算となるため、中部電力さんの調整済み料金見込み情報などがないと、本当にお得になるのかはわからない。

と、個人的には結論付けました。

 中部電力様にはTwitter経由で質問させていただきましたが、まずはご回答待ちたいと考えます。
調整済み料金の見込額情報がいただけないようであれば、料金の目安が明確にわかる東邦ガスさんとの契約を継続。ということになるかと考えます。

皆様、「契約してみたものの、思ったよりも月々の使用量が安くならなかった!」ということがくれぐれも無いようお気をつけください。また、中部電力さんから調整後料金について、「ここでアナウンスされている」「私はこのように回答いただいた」など情報あれば、ご共有ください。


It always has a risk to changing. To be continued.
Spike.